スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

まえむきの会

2007/02/15(Thu) 07:08
イベント

まえむきの会
「がんと免疫-免疫の仕組みとがん、ライフスタイルとの関係-」

免疫学の研究者で、「絵でわかる免疫」をはじめ、多くの著書をお書きになっている安保先生をお招きしました。免疫の仕組みとがんとの関係をよく知って、免疫力を高めるための生活のしかたについて考えてみましょう。

◇日時◇2月17日(土)13:30~15:00

◇場所◇日本赤十字看護大学

◇講師◇安保徹先生(新潟大学医学部教授)

◇参加費◇無料

◇申し込み先◇
東京都渋谷区広尾4-1-3
日本赤十字看護大学 がんサポート研究会
FAX/03-3409-0589  E-mail/C.Support@redcross.ac.jp
スポンサーサイト

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

静岡がん会議 2006

2007/02/08(Thu) 06:00
イベント

静岡がん会議 2006

「新しい薬剤の開発とバイオマーカー」をテーマに、がん研究 とファルマバレープロジェクトに関する研究成果や取組みについて紹介します。米国国立がん研究所のJoseph E.Tomaszewski氏の基調講演のほか韓国の大学や医療機関の研究者6名及び国内の大学、企業の研究者が講演を行います。

◇日時◇2007年2月10日(土)午前10時~午後6時30分

◇会場◇静岡がんセンター研究所しおさいホール

◇定員◇200名(申込者多数の場合は先着順)

◇参加費◇無料(ただし交流会参加者は2,000円)

◇問合先◇
静岡がんセンター疾病管理センター
担当:杉井(電話055-989-5222内線2118)

詳細はこちらから
http://www.scchr.jp/H18gan_kaigi.html

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

講演会「働く女性と婦人科疾患」

2007/02/08(Thu) 05:59
イベント

講演会「働く女性と婦人科疾患」

◇日時◇
2007年2月10日(土)13:30~17:00

◇会場◇
WithYouさいたま埼玉県男女共同参画推進センター

◇内容◇
◎第1部 講演会
 働く女性と婦人科疾患+体験を語る
 「わたしの選択・わたしのチャレンジ」 中野麻美さん
◎第2部 ワークショップ
 ストレッチング参加費150円(実費)
 講師:小林久夫さん プロ若石マスター・リフレクソロジスト

◇申込み方法◇
参加者全員の住所、氏名、連絡先(電話、またはE-mail)、「第1部希望」「第2部希望」「両講座希望」のどれかを書き、往復はがきかメールでお申し込みください。締切日:1月29日必着。

◎往復はがき:〒220-8691横浜中央郵便局私書箱60号
      「たんぽぽ」埼玉例会セミナー係
◎E-mail:tampopo@bcg-j.org
 ※メールのタイトルは「埼玉セミナー」としてください。

◇お問い合わせ先◇
〒220-8691横浜中央郵便局私書箱60号
「たんぽぽ」埼玉例会セミナー係

TEL045-290-7820(火12:00~15:00/金10:00~13:00)
FAX045-290-7828 ※但しFAXによる講座の申し込みはできません。
E-mail:tampopo@bcg-j.org

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

番組情報

2007/02/08(Thu) 05:53
テレビ

2月10日(土)23:30~00:40 / NHK教育
土曜フォーラム 「我慢しないでがんの苦痛・緩和ケア最前線」

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

第21回 冬季札幌がんセミナー 公開シンポジウム

2007/02/04(Sun) 15:33
イベント

第21回 冬季札幌がんセミナー 公開シンポジウム

◇日程◇2007年2月10、11日

◇会場◇
ロイトン札幌(札幌市中央区北1条西11丁目 TEL:011-271-2711)

◇テーマ◇
いまがんを考える2007
-補助化学療法の進歩、わが国におけるがん医療の将来

◇プログラム◇
2月10日(土)-----------
Session I
○口腔癌のブレークスルーを目指して
 -新しい超選択的動注化学放射線療法-(藤内 祝)
○乳癌に対する術前化学放射線療法の効果と将来性(向井 博文)
○胃癌術後補助化学療法の現況と展望(前原 喜彦)
○大腸癌に対する補助化学療法の進歩(赤須 孝之)

Session II  16:40~18:40
○膵がんに対する補助化学療法(奥坂 拓志)
○浸潤性膀胱癌の膀胱温存療法は可能か?(赤座 英之)
○非小細胞肺がんの補助化学療法についての動向(加藤 治文)

2月11日(日)-----------
Session III
○医用画像データベースの構築と世界への発信(牛尾 恭輔)
○がん診療連携拠点病院と専門医(土屋 了介)
○我が国におけるがん対策の動きについて(武田 康久)
○特別講演
 地域がん診療連携拠点病院とがん対策基本法(垣添 忠生)

◇参加について◇
参加費無料、事前登録不要

◇連絡先◇
財団法人札幌がんセミナー
〒060-0042 札幌市中央区大通西6丁目 北海道医師会館6階
TEL:011-222-1506 FAX:011-222-1526
E-mail:scs-hk@phoenix-c.or.jp

詳細はこちらから
http://www.phoenix-c.or.jp/scs-hk/OpenSymposium.html

trackBack(0) | Comments(0)

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2007 がんばる本舗@ブログ支店, all rights reserved.
Calendar
01 | 2007/02 | 03

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。