スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

1滴の血からiPS細胞

2010/07/11(Sun) 13:47
記事

以下の記事は、2010年7月2日 YOMIURI ONLINE の記事より引用しました。

様々な種類の細胞に変化できるiPS細胞(新型万能細胞)を、人間の血液1滴から従来の約3分の1の時間で作ることに、慶応大学の福田恵一教授らの研究チームが成功した。
体への負担が小さいうえ、できたiPS細胞はがん化しにくいという。2日の科学誌「セル・ステムセル」電子版に掲載された。
厚生労働省は8月にもiPS細胞の使用を想定した新しい臨床研究指針の施行を予定しており、安全性の高い有力な作製技術として注目される。


iPs細胞とは、

人工多能性幹細胞の略。皮膚などの体細胞に数種類の遺伝子を組み込み、受精卵のようにさまざまな細胞に変化する能力を与えた細胞。2006年8月、山中教授が、マウスのiPS細胞を世界で初めて作製したことを公表した。再生医療への応用が期待されている。



スポンサーサイト

テーマ: 医療・病気・治療
ジャンル: 心と身体

trackBack(1) | Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Trackback

trackback URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-
管理人の承認後に表示されます
【2012/11/23 07:40】

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 がんばる本舗@ブログ支店, all rights reserved.
Calendar
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。